月に一度の生徒さん

こんばんは!

スタッフの岡野です。


メリダでスペイン語を勉強している生徒さんの中には、

長く通ってくださっている生徒さんが多いです。


昨日レッスンに来られた生徒さんはそのお一人で、

もうかれこれ20年以上経ちます。

職業は看護師さんで大変な仕事です。


コロナ自粛の間は、

職場からの指示で勤務以外の外出が出来なかったそうです。


やっと先月から大阪のサロンに来てくださっています。


この生徒さんは昔、JICAの協力隊員としてメキシコ、キューバ、

パラグアイへ行かれていた関係でスペイン語の勉強を始められました。


今は看護師さんをされています。

大変な仕事ですよね。

コロナ自粛の間は仕事以外の外出を止められていたそうですが、

やっと先月から大阪の教室に来れるようになりました。


でも、急に担当患者さんの病状の急変があると

病院へ行かないといけなくなったりして…

ここ数年は一か月に一度位しか来れなくなってしまいました。


この生徒さん、この一か月に一度のレッスンの日を

とても楽しみにされていて、

いつもおやつのスイーツを持って来てくださるそうです。


そしてレッスンのあと、先生とスイーツタイムのひと時を

過ごされているようです。

ひと時のリラックスタイムですね。



もう20年以上も毎月顔を合わせているなんて、

忙しい現代では中々家族、親戚でも、ないことですよね。

先生にとってもスペシャルな生徒さんかも知れません。




昨日は私も美味しいスイーツを頂いてしまいまして…、


珍しいスイーツだったので

こちらでもご紹介させていただこうと思います。








甘いものはちょっと苦手なMiguel先生が「めちゃくちゃ美味しい」を3連発されていました(笑)









こちらも珍しいですね!

約80年前にペルーに渡った日本原種のミカンが里帰りしたそうです。













こちらの生徒さんから、私は今まで知らなかった美味しいスイーツを

学ばせていただいています(笑)